予算決算特別委員会で関西電力役員金品受領問題を質疑

71578365_2207625889338175_6114411594018455552_n

10月2日の予特委で会派総括質疑を担当しました。先週末に発覚した関西電力役員らの金品受領問題について急きょ取り上げ、県の情報収集・把握のあり方、県関係者の金品受領の有無、県の厳しい指導と対策について質疑し、徹底究明と再発防止を求めました。金品受領した役員について、経営に携わるものとしてのモラル、国民や立地地域の信頼、従業員のモチベーションなどからもそのポジションにとどまるのは理解されないと指摘しました。
県幹部が贈答品を受け取っていたと翌日の報道があり驚きましたが、知事は昨日の本会議で「事実関係を明らかにするため調査を行い、結果を県議会に報告する」と発言しました。徹底調査を求めます。
予特委では、その他、所属議員が9月議会で取り組んだMaasや福井鉄道福井駅前線など交通行政、荒れた状況になってしまっているこどもの対応・受入など福祉行政、スクールロイヤーと保護者の相談体制強化など教育行政、県民の安心安全を守るため原子力防災・豚コレラ・交通安全について幅広く取り上げながら今議会の会派の様々な質疑をとりまとめました。9月議会は昨日閉会しました。

県議会 一般質問初日 初の対面方式

20190918-01_n 20190918-02_n 20190918-03_n 20190918-04_n
昨日県議会の一般質問の初日、4番手で質問に立ちました。議会改革で、質問者と答弁者が対面しながら質疑する対面方式に変わりました。また、これまでの一括方式(質問と答弁をそれぞれまとめて行う)か、分割方式(項目ごとに質問・答弁)を選べるようになりました。
私は分割方式を選択。豚コレラ、鳥獣害、原子力防災、交通安全、多文化共生と外国人のこどもの保育・教育、LGBT、再生可能エネルギー、並行在来線と幅広に取り上げました。
外国人籍のこどもが福井も増えている中、来日してあまり年数が経過していない外国人のこどもらにとって日本語習得の難しさから全日制高校に進学しにくい課題を指摘、島根県・三重県などで特別枠導入を提案したところ、「全日制の門戸を広げる必要がある。検討していく」と豊北教育長が答弁しました。来年度入試から受験教科を限定する制度が導入されるよう今後も取り組んでいきたいと思います。
会派の渡辺議員も質問に立ち、教員業務改善の具体策、介護人材確保に向けた取り組みなど質疑。児童生徒の欠席連絡方法の変更など教員の多忙化対策が提示されました。

9月県議会、一般質問は9月18日~19日

20190912-06_n

会派代表質問の最終仕上げに関わりながら、自分の一般質問の原稿準備・作成作業が重なる一週間。今回もなんとかクリアして修正・仕上げ段階に入り、精神的に楽になりました。
昨日の議運で一般質問の順番を決めるため会派所属議員のくじ引き。私は初日の4番目になりました。9月18日(水)11時40分~12時20分となりました。取り上げるテーマを通告しました。
1、県民の安心安全
(1) 豚コレラ対策
(2) 原子力防災
(3) 交通安全
2、共生社会を目指して
(1) 外国人のこどもの保育・教育
(2) LGBTの方への配慮
3、再生可能エネルギー
4、並行在来線準備会社
尚、質問に立つ17人の議員の通告内容が県議会のhpにアップされています。

9月定例県議会が9日スタート、12日に代表質問

20190912-01_n 20190912-02_n 20190912-04_n 20190912-05_n

9日の本会議で補正予算案など16議案ほかが提案され、知事が提案理由を説明。それを受け12日の代表質問では「民主・みらい」は西畑会長が質問に立ちました。質疑のやり取りは、県のhpから県議会に入り、代表質問文字データをご覧ください。
今議会において「民主・みらい」は、以下のテーマを重点的に取り組んでいきます。
〇県民参加のもと策定が進む長期ビジョンについて議会として議論を深め、新たな副知事・教育長の任命による今後の県政運営の方針を確認する。
〇危機管理面では県内で発生した豚コレラへの対応、今回の原子力総合防災訓練の課題を質す。
〇準備会社が設立された並行在来線の初期投資圧縮や新駅設置の進め方、消費税10%引上げに伴う使途及び増税対策、合併するJAとの連携について問う。
〇新たな教育大綱案の「目指す人間像」に示された「多様な人々の存在を認め、協働していく」ための施策を議論する。
〇障がい児の特別支援教育や医師確保の問題、外国人材受入れ拡大に向けた企業と行政の役割、最低賃金制度のあり方など誰もが暮らしやすい社会に向けた課題と方策を質す。

京都視察で稲盛ライブラリー、女性の活躍・労働支援、伝統産業の調査

20190904-01_n 20190904-02_n 20190904-03_n 20190904-04_n

9/3-4と福井総合政策フォーラム21のメンバーで京都訪問。京セラ創業者の稲盛和夫氏の人生哲学・経営哲学を継承するライブラリーを訪問。「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」という経営理念に感銘を受けました。
 京都府・京都市・国・経済団体・労働団体でつくる「京都ウィメンズベースアカデミー」では、女性の活躍推進、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取り組みを学びました。
京都の伝統工芸品を紹介する「京都伝統産業ふれあい館」では、丁度行われていた「暮しの文化×知恵産業展」を見学。西陣織をはじめ様々な伝統文化のデモ、体験コーナーがありました。「きもの文化」をユネスコ無形文化遺産に登録する運動の取り組みに触れ、腕輪数珠づくりを体験しました。

原子力総合防災訓練(二日目) 初めての嶺北住民の避難訓練

20190831-01_n 20190831-02_n 20190831-03_n 20190831-04_n

美浜原子力発電所で放射性物質が放出したという想定で、30km圏内となる嶺北の越前市・越前町・南越前町で避難訓練。越前市の避難訓練の動きを参観しました。
まず各地区の公民館等で集まった訓練参加者がバスで移動。県丹南土木事務所で安定ヨウ素剤を受け取り、サンドーム福井でスクリーニング・除染、坂井市春江中コミュニティセンターへ到着。
参加者の皆さんに感想を伺うと、「万が一の時どこに避難することになるのか今まで知らなかった。避難への関心が高まった」「自分らは移動も大丈夫だが、高齢者の避難は心配」など。

原子力総合防災訓練(初日) 美浜原子力発電所で事故発生の想定

20180829-01_n 20180829-03_n 20180829-02_n 20180829-04_n

今日、明日と県主催の原子力総合防災訓練。朝9時に地震が発生、施設敷地緊急事態となり、①美浜発電所5km圏内の在宅要配慮者がおおい町のいきいき長寿村(あみーシャン大飯)に福祉車両で避難する訓練 ②美浜オフサイトセンターで国現地事故対策連絡会議 などが行われました。

 事故対策連絡会議を参観した後、おおい町まで足を延ばし、訓練で避難したあみーシャン大飯に行ってきました。模擬訓練ということでしたが、訓練自体は問題なかったように思いますが、そもそも原発立地の美浜町の住民が、原発立地のおおい町に避難するという広域避難計画は、美浜・おおいの同時発災の可能性もあることを考えると、違和感がありました。調査していきたいと思います。

県議会土木警察常任委員会の県外視察(8/22-23)・県内視察(8/27)

20190827-01_n 20190827-02_n 20190827-03_n 20190827-04_n

県外視察は佐賀県訪問。佐賀県の交通事故防止対策の調査で、交差点内やレーンのカラー化、交通マナー向上の取り組みを伺いました。また県産材や九州産材のCLT(直交集成材)を活用した建築物について松尾建設㈱を訪問しました。
その佐賀県、本日の報道でもありますように、記録的な大雨により大きな被害を受けています。福岡県・長崎県も含め、お亡くなりになった方のご冥福をお祈り致しますとともに、これ以上被害が広がらないよう祈念します。水に浸かったJR佐賀駅の構内がテレビに出ていて、つい5日前には歩いていたところだと驚きました。
昨日27日は6月に供用開始となった福井県若狭町の河内川ダムを視察。大雨や台風による水害、干ばつによる渇水被害を受けてきた若狭町・小浜市の治水対策として、更にはかんがい用水・水道用水・工業用水、小水力発電など利水でも貢献を目指しています。

豚コレラ対策で岐阜県を調査

20190826-01_n

7月、8月と福井県内でも残念ながら豚コレラが2例発生、防疫措置、予防強化、被害農場の再開支援策などが取り組まれてきました。
国内で初めて豚コレラが発生した岐阜県の県や市の取り組みを伺おうと、岐阜県庁、山形市役所を8月26日に訪問しました。発生状況図では、赤の点が陽性いのしし発生箇所、黄色の丸は豚コレラ発生施設で、殺処分となった豚は6万頭と被害の大きさを物語っています。
再開を希望、準備する農場も増えてきています。問題は県内の試験場でも豚コレラが発生してしまったため種豚の供給が出来ない状況。県外からの供給を準備していたが、この2カ月で福井県、三重県でも発生するなど周辺県も豚コレラ発生県となってしまい、感染を完全に防いで供給するルート設定が難しいということでした。
豚コレラを撲滅させたドイツなどに岐阜県は今月調査団を派遣、先週末に帰国したとのこと。これらから報告を聞いて、更なる対策を考えていくということでした。岐阜県の今後の取り組みを引き続き注視しつつ、福井県での対策に取り組んでいきます。

予算決算特別委員会で会派の総括質疑

20190719-01_n

20190719-02_n

令和初の定例会の6月県議会、予算決算特別委員会で会派民主・みらいの総括質疑を担当しました。今議会、私達は、代表質問、一般質問、常任委員会で、こどもたちの社会的養育や交通事故対策など県民の安全安心を守る取り組み、県政を担う職員、教育・教員の課題や保育士不足など人に焦点を当て、重点的に取り組んできました。
これらのテーマについて1時間に渡り深掘りしつつ、とりまとめを行いました。