京都視察で稲盛ライブラリー、女性の活躍・労働支援、伝統産業の調査

20190904-01_n 20190904-02_n 20190904-03_n 20190904-04_n

9/3-4と福井総合政策フォーラム21のメンバーで京都訪問。京セラ創業者の稲盛和夫氏の人生哲学・経営哲学を継承するライブラリーを訪問。「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」という経営理念に感銘を受けました。
 京都府・京都市・国・経済団体・労働団体でつくる「京都ウィメンズベースアカデミー」では、女性の活躍推進、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取り組みを学びました。
京都の伝統工芸品を紹介する「京都伝統産業ふれあい館」では、丁度行われていた「暮しの文化×知恵産業展」を見学。西陣織をはじめ様々な伝統文化のデモ、体験コーナーがありました。「きもの文化」をユネスコ無形文化遺産に登録する運動の取り組みに触れ、腕輪数珠づくりを体験しました。